卓友珠算研究会

卓友珠算研究会モバイル
携帯からもどうぞ!

お気に入りに追加





    今月のおたより

  毎月のおたよりに掲載されている会長のお言葉を更新していきます。

11月の教室だより      「そろばん上達するには」

   そろばんが上達するには、本人、指導者、保護者がそれぞれの役割を果たさなければ難しいのではないでしょうか。
 本人、熱心に前向きに目標を持ち、毎日の努力を怠らない。指導者、保護者に対し素直に明るく、感謝の心を忘れず取り組み、くじけず何度も挑戦を行う。
 指導者、常にこの子は必ずできると信じ、タイムリーに的確に指導を行う。生徒は何を理解し、何がわかっていないかを常に把握し、質と量の加減をまちがわない様に、分かるまで何度も何度も指導するよう心掛ける。  保護者、まず我が子に期待する。そして愛情を持って励まし続ける。
 常に私達はそろばん学習に関心を持っていることを知らせ、今日できたこと、努力したことを毎日毎日ほめ続けてほしい。人間は愛情のある期待をされると、本人は更に奮起し燃えてきます。
 スポーツの世界でも、もし誰も応援する人がいなかったら、感動する人がいなかったら、淋しいし成立しません。保護者は、最高・最大のサポーターになる様心掛けてください。期待して下さい。そしてお互いにがんばりましょう。

                               卓友珠算研究会 会長 斉藤 誠
<<2018年10月のおたより 2018年12月のおたより>>

 






 

そろばんパワーで学力アップ
Copyright (C) 2010 Takuyu All rights reserved.®